Git入門

【Git】毎回マージしていけばいいの?

マージを行うことで 2 つの編集履歴を合流させることができますが、単に毎回合流させているとログが確認し難くなる可能性があります。2 人で制作を行ったとき、交互にコミット・マージを繰り返すとログがどのようになるか見てみましょう。
Git入門

【Git】履歴の直列化 「リベース」

分岐した編集履歴をマージのように合流させて統合するのでなく、まっすぐにに並べ直すことで統合するためには「リベース」という操作を行います。この操作を行うと同時進行した制作の編集履歴をあたかも一連の編集履歴だったかのように並べ替えることができます。
Git入門

【Git】競合を解決しよう

Git でブランチをマージしたとき、競合が発生することがあります。この記事では競合をどのように解決するかを順を追って解説します。
Git入門

【Git】別の人が同じところを編集してたらどうなるの?

同じファイルでも異なる行を編集した場合はマージを行うだけで合流できますが、同じ行を編集した場合は競合が発生し、競合を解決するか、マージを中止するかの選択をすることになります。この記事では競合が発生する過程の詳細を解説します。
Git入門

【Git】マージした編集履歴をプッシュしてみよう

「origin/master」ブランチを「master」ブランチにマージすることで「master」ブランチをリモートリポジトリーにプッシュできるようになります。マージしたブランチをプッシュしたとき、それぞれのリポジトリーでブランチがどのように変化するかを解説します。
Git入門

【Git】同時進行を「ブランチ」で考えよう

Git で同時進行した編集履歴を扱うとき一般的に「ブランチ」という単位を基準にして操作を行います。ここではログを確認しながら、「ブランチ」とはなにかを説明します。
Git入門

【Git】制作が同時進行するとどうなるの?

複数の Git ユーザーが、 Git 管理されている制作物の編集作業を同時に行った場合どのようなことが起こるのかを見てみましょう。
Git入門

【Git】履歴の合流 「マージ」

別の編集履歴の内容を自分の編集履歴に適用するためには「マージ」という操作を行います。この操作を行うと編集履歴の流れが合流し、自分の編集内容と別の編集内容両方を適用した状態の新たなコミットを編集履歴の合流点に作成できます。
Git入門

【Git】履歴の受信 「フェッチ」

リモートリポジトリーには別の Git ユーザーの編集履歴が送信されてきますので、その編集履歴を自分のローカルリポジトリーに受信するためには「フェッチ」という操作を行います。この操作を行うと別の Git ユーザーの編集履歴を自分の PC で扱うことができるようになります。
Git入門

Git を使って制作に参加しよう

Git で履歴管理された制作に参加するには、Git リポジトリーを手元にクローンし、自分の編集作業を編集履歴としてリポジトリーにコミットしてプッシュする必要があります。この、クローン → コミット → プッシュ の流れを順を追って見てみましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました