Git入門

【GitHub】プルリクエストしてみよう

マージするときには、マージするブランチの変更内容の差分の確認を行ったり、その内容について誰かに相談したいこともあるでしょう。GitHub でプルリクエストすると、誰かにマージをお願いすることができ、遠く離れた人にもマージ内容を確認してもらったり、相談することができます。
Git入門

PC をなくしたとき、どうやって GitHub へのアクセスを止めたらいいの?

PC をなくした場合、 GitHub のアカウントのパスワードを変更すれば、なくした PC のブラウザーがログイン状態になっていたとしても強制的に GitHub からログアウトさせることができます。ただし、2 段階認証の設定をしている場合は、さらに GitHub 側で「個人用アクセストークン」を削除します。
Git入門

GitHub にプッシュしよう

GitHub の自分のアカウント配下にリポジトリーを作ってローカルリポジトリーをプッシュしてみましょう。初めてプッシュするときは GitHub へログインすることになります。
Git入門

GitHub アカウント取得後に最低限やっておきたい初期設定

GitHub の機能は非常に多く、設定できる項目も多岐にわたりますが、ほとんどの項目は GitHub を使っていく過程で必要に応じて変更していけば問題ありません。ここではアカウント取得後、なるべく早めにやっておいた方がいい設定を紹介します。
Git入門

GitHub の基礎知識とアカウント取得

GitHub を使いこなすためには、使いながら慣れていくのが良いでしょう。そのため、ここでは GitHub の基礎知識とアカウント取得について必要最低限の説明のみ行い、すぐに GitHub を使い始められる体制を整えます。
Git入門

【Git】推奨されているブランチの分け方まとめ

ブランチの分け方にはいくつかの推奨されている方法があります。ここでは 1 つの中央リポジトリーを中心とした制作で主に推奨されているブランチの分け方を紹介します。各方法ごとに向いている制作を挙げていますので、制作内容によって使い分けることをおすすめします。
Git入門

拡張 Git flow (Git Feature flow)

Git flow には feature ブランチごとの制作の速度や規模に差がある場合、リリースのフェーズになかなか入れない欠点がありました。ここで紹介する拡張 Git flow は、制作の速度や規模にばらつきがある場合でもリリースの準備に入ることができるようにしたブランチモデルです。
Git入門

【Git】編集内容の退避「スタッシュ」

作業ツリーの編集中の内容をコミットせずに維持したまま別のブランチに切り替えたいときなどは「スタッシュ」という操作を行います。この操作を行うと、現在の作業ツリーの編集内容をリポジトリーの一時領域にしまうことができます。
Git入門

【Git】ブランチを作って「大改変」を隔離しよう

他の Git ユーザーの制作に影響を与えないように編集履歴をリモートリポジトリーにプッシュするためにはブランチを作成します。ブランチを作成すると、編集履歴が分岐した状態を保ったままプッシュできるようになり、他のブランチの編集履歴に影響を与えずに制作できるようになります。
Git入門

【Git】履歴の早送り「ファーストフォワード」

現在のブランチの編集履歴が別のブランチに全て含まれている状態でそのブランチの編集履歴を適用するためには「ファーストフォワード」という特殊なマージまたはリベースを行います。この操作を行うと、ログの形を変えずブランチの先頭コミットを指し示す位置を別のブランチの先頭コミットまで移動することで別ブランチの編集履歴を適用できます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました